株式会社富喜屋(管理栄養士)北之防 玲奈
[プロフィール]

大学卒業後、委託会社で老人ホームの給食と、特別養護老人ホームの施設栄養士を経験。

もともと子どもが好きだったことや、子どもの成長を身近で感じたいという思いから幼稚園給食に興味を持ち転職活動を始め富喜屋に出会い、面接・インターシップを通じて面倒見の良さを感じ入社を決める。

食べることや飲むことが大好きで美味しいご飯やさんや高級食パンのお店をリサーチすることが日課になっています。

仕事内容とやりがい


献立作成や発注、現場での調理、洗浄までの業務をおこなっています。

複数の現場を受け持っているので献立作成や発注業務は締め切りに間に合わせるのが大変と感じることもありますが、それ以上に現場に出て給食を作り、子どもたちの笑顔や成長がみられることでやりがいを感じます。

こどもたちへの想い


現場によっては調理室が子ども達からも見えるつくりになっているところもあり、子ども達から「今日の給食何~?」や「今日の給食美味しかった」、「今日のおやつどんなんか楽しみ」など子どもたちの声を身近に聞くことができるので、それも楽しみのひとつです。

また、保護者の方からも「家では全然食べない野菜も給食だと食べている」や「おかわりもたくさんしている」と聞くと嬉しい気持ちになります。

作った給食が空っぽになって返ってくるとやはり嬉しいですね。

仕事を通しての目標


入社してから、人間関係にとても恵まれた環境でお仕事をさせてもらっています。

困ったことやトラブルが起きた時に相談に乗ってくれる上司、現場を支えてくれているパートさん、他部署の方の支えがあって現在の仕事ができていると感じています。

また、今年は厨房の新規立ち上げの準備も新たに経験し、厨房が稼働するまでのプロセスを学び、そこでも多くの人の支えがあって私の仕事が成り立っていることを知りました。

入社して4年が経ち現場や事務作業だけでなく後輩と関わることも増えてきました。その中で「北之防さんに任せていたら安心できる」、「北之防さんに相談したら解決してくれる」そういう風に頼られる人になりたいと思いました。

また現場でアクシデントが起きた時、一人ではどうにもならないようなこともあります。そんな時に現場のパートさんに助けられることが多いです。助けてくれるのはパートさん達との信頼関係からだと私は思っているので、その信頼関係をさらに築いていきたいと思います。

幼稚園様にもより一層、ご満足いただけるような給食提供できる献立を考えていきたいと思っています。

1日のスケジュール


08:10 出社 調理服に着替える
08:30 朝礼 給食作り
10:00 翌日分の仕込み
11:00 納品
12:00 昼食
13:00 おやつの準備
13:30 食器の洗浄
14:30 現場を後に本社へ戻る
16:00 本社到着し、事務作業、業務報告
17:30 退社
18:30 帰宅

後輩へのメッセージ


一人でできる仕事ではないので「一生懸命さ」、「素直さ」、「気遣い」の気持ちをもって仕事に取り組むことが大切です。

また給食を作ることが仕事なので入社しても困らないように普段から包丁の練習をしておくことがお勧めです。私自身、調理経験がなく最初のころは困りました。そうならないためにも常日頃から練習しておくことで少しでも早く上達する近道です。

子どもが「好き」、「喜ぶ顔が見たい」と思う方は是非、富喜屋へお越しください。