株式会社富喜屋(管理栄養士)大木 夕佳
[プロフィール]

大学卒業後、地元の保育園で直営栄養士として2年間勤務。

大阪に引っ越して、就職活動をしていたところ、幼稚園給食に特化した給食会社の富喜屋に出会う。子どもに関わることのできる仕事、そしてこだわった給食作りに惹かれ、富喜屋で働きたい!と思いました。

入社1年目は常駐栄養士として働き、2年目からSV栄養士として働いています。

仕事内容とやりがい


現在4つの園を担当し、献立作成・発注・調理などを行っています。

大体週1ペースで担当園の厨房を巡回しています。調理がスムーズに進んでいるか、厨房はきれいに保たれているかなど確認しています。

また、園に伺って最近の給食はどうかを確認したり、行事など確認して献立の相談などをしています。

給食作りはもちろん楽しいですが、提供までは時間との戦いで、かなりの体力仕事です。それでもやり切った時の達成感が気持ちよく、いかに効率よく、よりはやくするには?と考えながら作業をするよう心がけています。

こどもたちへの想い


やりがいを感じるのは、ありきたりですが、作った給食が空っぽになって返ってきたときや、園児さん・先生方から笑顔で「おいしかった」の一言が聞けたときです。

仕事を通しての目標


当社は一言でいうと「アットホーム」な会社。

仕事の真剣な話はもちろんですが、この前の休日にどこに行ったなど、プライベートな話で盛り上がってしまうこともよくあります。

また栄養管理部の畑部長の「担当ではない園のことも、自分の担当園のように考えること」という言葉をもとに、困ったときには必ず誰かが助けてくれる環境です。

富喜屋に入ってから、作業面でも人柄でも「この人のこんなところがすごいな、羨ましいな」と思う方にたくさん出会いました。

その人たちのすごいところを少しずつ盗んでいって、栄養士としても、人としても成長していきたいと思っています。そして私も「この人と一緒に働きたい、この人みたいになりたい」と思ってもらえるようになりたいです。

1日のスケジュール


8:15 A幼稚園調理施設に出勤
8:30 朝礼(調理スタッフ全員で献立確認)・調理開始
11:00 給食提供
11:30 翌日給食の段取り・打ち合わせ
12:00 昼食・休憩
13:00 片付け(食器洗浄・翌日の食器セット等)
15:00 本社へ移動
15:30 事務作業(献立作成・発注書作成等)
    栄養士ミーティング
17:30 退社

後輩へのメッセージ


就職活動を進める中で、周りの人がどんどん就職が決まって焦ることもあるかもしれません。そんな時でも、妥協して「ここでいいか!」と決めるのではなく、「ここで働きたい!」と思えるところを見つけてほしいです。

後悔のないよう頑張って下さい。