株式会社富喜屋(栄養士)奥村将人
[プロフィール]

学生時代に保育園や幼稚園児向けの給食会社へ入職を志望していたが、どの会社も女性の入社限定ということでやむを得ず諦める。

食を提供することが昔から好きであり、当時アルバイトとして働いていた飲食関連の会社へと入社。

入社から2年ほど経ったときに給食会社での仕事を諦めきれず、今の会社をインターネットで見つけ、ホームページでの栄養士さんが笑顔で盛り付けをされている様子や、会社によるインタビューを拝見したのがきっかけとなり入社。

仕事内容とやりがい


日々の業務としてはその日の献立に沿った給食を作ることや、給食室内の衛生管理、食材の検品作業などがあります。

献立作成や発注業務、職場の先生との会議に出席することもあります。同じ職場内で働くパートさんのシフト管理などもあり、とても多くのことを学べる環境でもあります。

給食会社というと栄養士は献立を作成することのみが主な仕事と思われがちですが、お客様である所属先の園の先生方とのコミュニケーションを取ることや、パートさんとのやり取りなどもあり、こちらも重要な仕事の一つです。

こどもたちへの想い


食を提供する仕事であるからこそのやりがいと言えるかもしれませんが、自分で考案した献立を実際に作成し、その料理を食べた先生や子どもたちから「今日の献立の○○美味しかったよ」と直接言われることが何よりもやりがいと思っています。

ときには考案した献立が先生や子どもたちに評価を得られないときもありますが、そうした失敗から次はどのようにすればうまく調理できるか?どうすれば食べが良くなるか?などと試行錯誤し、以後の献立作成に反映させることの繰り返しにより自身の現場力が身に付いていると感じています。

大変なときや辛いときもありますが、何よりも子どもたちが給食を食べて喜んでいる姿や、元気に日々生活している姿を近くで目にすることができるというのも子どもが好きな私にとってやりがいへと繋がっています。

仕事を通しての目標


当社は先輩や上司への相談・提案がしやすく、ちょっとしたことでもすぐに対応していただけるとても面倒見の良い社風であると感じています。そうした先輩や上司を見習って自身も今後、当社へ入社する後輩に頼られるような存在になっていけたらと思っております。

現在は現場長としての仕事がメインとなっていますが、現場長をまとめ上げるスーパーバイザーの立ち位置になるのが私の現在の目標です。

また、もう一つの目標として栄養士の資格は取得していますが、管理栄養士の受験資格もあるため、行く行くは管理栄養士の資格も現在の仕事を継続しながら取得したいと考えております。

1日のスケジュール


08:30 出社。白衣に着替え現場での調理業務が午前中のメイン
11:30 昼食提供
12:30 昼食
13:30 食器等の洗浄
14:15 副食の準備・調理
15:00 副食提供
15:15 日々の帳簿作成
15:45 食器等の洗浄・後片付け、清掃
16:40 発注業務や献立作成等の事務作業
17:30 退社
18:30 帰宅

後輩へのメッセージ


栄養士として働くというだけでもさまざまな職種があるかと思います。例えば当社のような保育園や幼稚園の給食提供、病院や介護施設の食事提供、社内食堂での献立作成や食事提供等、食に携わる仕事では栄養士は不可欠であると私は思います。

その中でもどのような方への食事提供をみなさんがしていきたいのか?という点はとても重要だと思います。

みなさんがやりたいこと、少しでも興味のあることへ取り組む方が今後、働いていく中で上に上に成長していけると思います。

私と同じように子どもが好きな方、そして子どもたちを食で支えていきたいと考えていらっしゃる方。一緒に働ける日を楽しみにしております!